珈琲豆自家焙煎のお店アンダンテのオンラインショップへようこそ!
アンダンテではいつも新鮮で香り高い珈琲豆を手頃な価格でお求めになれます

 
 

Matari AL Makha マタリアルマカ

Matari AL Makha マタリアルマカ

まろやかな味をお好みの方は
a.マタリアルマカ 中煎り

200g \2200 → \2000

深いコクを好む方は
b.マタリアルマカ やや深煎り

200g \2200 → \2000

マタリアルマカとは
★イエメン産のモカは優雅な香りと、やわらかな味がまるでワインのよう...美味しさの層がいくつも重なり冷めてから味わいが深まる不思議コーヒー........
「アルマカ」を気に入ってしまうと他のコーヒー飲めなくなる、お客さんが多いです。
ぜひお試しください。

見渡す限り砂と岩と風のアラビア半島、シバの女王伝説が今も生きる国イエメン、砂漠を越えて吹きつける暑い風をシュワイブ山3660mを最高峰とする南北に走る山脈がさえぎり、山々の裾野に雨をもたらしていたことからアラビア半島の中でもここだけは緑に恵まれ、その昔(幸福のアラビア) と呼ばれました。
少ない雨量と農地に適した土地がわずかしか無いため農民たちは標高1000〜3000mの急な山の斜面を親子代々300年営々と開墾し見事な段々畑を作りあげました。
石まじりの土地に木を一本一本植え、熱帯と言えどもヒョウが降る季節もある高地ゆえ、隣にバナナの木を植え、その葉を屋根代わりにしてコーヒーを保護し、木の枝・葉などを燃やした灰を肥料にし、乾期には干上がった川床に穴を掘って水を汲み上げ水をあたえ育てています。
1月から4月、雨にあわせて香水のような香りを、あたりに漂わせて白い花が開き、そして10月から12月に成る赤い実を一粒一粒、大切に摘み取ります。この実を地面を丹念に小石を敷きつめた上に並べ天日乾燥します。
充分乾燥して黒色になったところで昔ながらの方法、古い石臼で脱穀します。石臼で脱穀しますので豆が割れたり欠けたりして、これがマタリの特徴となっています。
脱穀した豆を婦人たちが庭先でおおらかに手で選別しますので 大小粒が不揃いになり、これもマタリの特徴になっています。

1628年のとある日、オランダの商船がモカ港に立ち寄りコーヒーを買い母国に持ち帰ったことから、コーヒーはヨーロッパへそして全世界へと広まりました。モカ港(AL Makha)からモカの、アラビア半島からアラビカのそれぞれ名前が生まれました。 精製方法が昔ながらのため、時には外見がみすぼらしくなったり、時には不充分な乾燥のため味が悪くなったり、非常に気難しいコーヒーですが、口当たりやわらかく香ばしく冷めてもおいしい他に無い独特な味です。
17世紀、ヨーロッパをそして全世界を熱狂させたモカマタリ。

 

 

■ マタリアルマカのご注文

珈琲豆を注文するには下記の空欄を埋めて、「マタリアルマカを注文する」ボタンを押してください。
必須の内容は必ず入力していただくようお願いします。
送信後自動で入力していただきましたメールアドレス先に入力内容を送ります。
当店が確認次第、お届け・料金の流れと確認内容のメールを送らせていただきます。
ヤマト運輸の着払い手数料はこちらを確認して下さい

マタリアルマカ注文フォーム
お名前(必須)必須 例)山田太一
郵便番号必須 例)1234567 ハイフンなしの半角数字を入力ください
ご住所必須
E-mail必須 例)sample@sample.com
電話番号必須 例)0562-83-0260
支払い方法必須 ゆうパックの着払い手数料はこちらを確認して下さい
郵便振替 ゆうパック
ご希望の挽き方必須 以下のメニューより挽き方をお選び下さい。
数量必須 注文は200g単位となります
グラム
ご意見・ご質問

メール・お電話・FAXでのお問合せは、下記までお願い致します。
ご質問・ご意見、お問い合わせなどございましたらお気軽にご連絡ください

自家焙煎珈琲豆の専門店「andante」(お店の場所はこちら
TEL・FAX 0422−37−1612
e-mail info@coffee-andante.com

Copyright(C)2003. All rights reserved. Coffee Beans andante HP Since 2000