珈琲豆自家焙煎のお店アンダンテのオンラインショップへようこそ!
アンダンテではいつも新鮮で香り高い珈琲豆を手頃な価格でお求めになれます

 

〜お客様からのご感想〜

 

このコーナーではアンダンテをご利用になったお客様のご感想をご紹介していきます。


1.ケニアとの出会い(by T.O 武蔵野市在住 )

最近ルームメイトにコーヒーを勧めてもらって、いろいろ飲むようになり
ました。彼が言うには、コーヒーというのは種類によって、とても個性的なのだと
か。そうかなぁ、「とても個性的」って、マニアにしか、とは言わないまでも、す
ごく好きな人にしか分からないような微妙なものなんじゃないかなぁ。今までコー
ヒーなんて、たまにしか飲んでこなかったし、それにどちらかっていうと、日本茶
の方が・・・ などと最初私は思ったのでした。

そんな私が、彼に最初にいれてもらったのがこのケニアです。
その名の通り、ケニア産だそうです。分かりやすいな。

最初に挽いた豆を見せてもらいましたが、ほとんど黒です。一緒に見せてもらった
ブルンディーはまだ茶色と呼べる色で、はっきりと色が違いました。確かに個性的
だな。それに黒は黒でも冷たい感じではなく、温かみ深みのある黒。香りは言葉に
するのはちょっと難しいですが、存在感のある強い香りです。

そして、カップにいれてもらった熱いケニアを頂きました。熱いのでちょっとずつ
口に入れます。うわっ、苦い! ん? でも悪くないな・・・ そんな風に思いま
した。とにかく苦みが強いのですが、不思議と温かみがあって、感じがよいのです。

変なたとえで恐縮ですが、スポーツが得意なぶっきらぼうだけど人のいいおじさん
が、「おい、どうした? 元気か? あはははは!」といいながら、どんっ! と
背中をたたいてくるときの印象に近いでしょうか? おっさん、力が強すぎだよ、
と思いながらも、つられて一緒に笑ってしまうような。そういう風な力強い素朴な
温かみがあると思います。「へぇー、こんなコーヒーが世の中にはあるんだ」と
思いました。

アンダンテさまとルームメイト、そしてケニアのお陰で、
私の世界がちょっと広がりました。いまはちょっとですが、
この先には個性豊かなコーヒーの世界が広がっているのでしょうか?
コーヒーの種類は沢山あるらしいので、色々飲んでみたいです。


2.ブルーマウンテンの樽をガーデニングに使ってます!(by 武蔵野市西久保在住 )

「全然枯れないので、もう3年植え替えしてないわ。普通のだとひと夏で終わりなのに。

木とか南国の花を植えても大丈夫ね。ハギとかマーガレットを植える予定です。」

・・・・詳しくはこちら


*アンダンテをご利用のお客様からのご感想を大募集しております。1行だけの小さなコメントでも結構ですので、メールにてお送り頂けると嬉しい限りです。どうぞよろしくお願い致します。

 


メール・お電話・FAXでのお問合せは、下記までお願い致します。
ご質問・ご意見、お問い合わせなどございましたらお気軽にご連絡ください

自家焙煎珈琲豆の専門店「andante」(お店の場所はこちら
TEL・FAX 0422−37−1612
e-mail info@coffee-andante.com

Copyright(C)2003. All rights reserved. Coffee Beans andante HP Since 2000