珈琲豆自家焙煎のお店アンダンテのオンラインショップへようこそ!
アンダンテではいつも新鮮で香り高い珈琲豆を手頃な価格でお求めになれます

このページの目次 1.紅茶のメニュー表 2.ガネッシュの紅茶の新茶 3.紅茶を注文するには? 
 

珈琲豆自家焙煎アンダンテの紅茶メニュー

◆andanteで扱う紅茶一覧

下記の一覧からお好みの紅茶を選んで、その下の注文フォームでご購入頂けます。
紅茶の注文フォームはページの一番下にあります

紅茶のメニュー表
名前
原産地
特質
100gの値段
ダージリン
インド
薄いセピア色で爽やかでフルーティーな香りストレートがおすすめ.........
\950
アッサム
インド
甘く強い香り、奥深い味わいタンニンの含有量が多いのでミルクとマッチします。
\820
アールグレイ
スリランカ
-
\820
芳醇な香りとやわらかなコク
\800
-
\800
セイロンウバ
スリランカ
オレンジ系の赤色、コクのある香味、甘い花の香り ミルクティーがおすすめ........
\800
キームン
中国
キーマン キーモンとも呼ばれダージリン、セイロンウバと並んで 世界三代銘茶とされています。独特のスモーキーな香りと豊かなコクが特徴で牛乳100%で作るミルクティーは格別においしい
\800

新茶の紅茶(ガネッシュ)

 
ダージリン・リーフティ

ガネッシュのダージリンリーフティ商品名:ダージリン リーフティ 小缶(60g)

内容:ダージリン紅茶の新茶です。

単価: \1560

詳細:

ダージリン・リーフティー、その特色
紅茶は春・夏・秋、年3回の摘み取りの時期、その年の気候、樹齢、育つ土壌の違い、また農地が東西南北どの斜面に位置しているか、そして加工方法等々、様々な要素によって味・香り・水色が変化しますが、ダージリンティーは特にその特徴がはっきり表れます

『新茶の紅茶』が変えたダージリンティーの世界
これまでの長い紅茶の歴史の中でその中心的位置を占めていたのは、インド北東部ヒマラヤの山々に囲まれたダージリン地方の茶園で産出される、ダージリンリーフティーでしょう。しかし、これまでダージリンリーフティーとして市場に出回っていたブレンドティーではダージリンティーが持つ本当のおいしさを充分引き出せていたとは思えません。昔からダージリンの茶園では、樹齢や茶園内の場所別に茶摘みされ、別々に加工されて木箱に詰められておりました。その姿は現在も変わっておりません。ですから同じ茶園で同じ季節に5種類から10種類ものダージリンリーフティーが誕生します。そして、同じ茶樹でも年3回季節の変化にあわせて味、香り、水色共にはっきりとした変化が表れるのですから驚きです。ガネッシュ『新茶の紅茶』は、茶農園で行われているこのようなきめ細かな作業によって生まれる、紅茶の世界の奥深さを皆様にお伝えしております。

 

アッサム フラワーティ

ガネッシュのアッサムフラワーティ商品名:アッサム・フラワーティ 小缶(75g)

内容:アッサム紅茶の新茶です。

単価:\1400

丸い粒!アッサムフラワーティーの形状について
アッサム地方の紅茶はこの地に元々あった茶樹を栽培し始めたものです。正しくは茶の樹のルーツである椿の樹林帯がここアッサムにありました。ここでは太陽の強い日差しを受けて茶樹は力強く生育します。こうして生まれたアッサムティーの、こくのある力強い味わいと深紅の水色は、他の産地とは比較にならないほど優れております。

そして、この二つの特徴を更に引き出すために考え出されたのが紅茶を丸く加工する方法です。茶葉を発酵の課程ですり潰すことによってスポンジ状になり、表面積が増えるのでお湯に入れた時に非常に早く味・水色を浸出させることができます。このように、味と水色を短時間に引き出せるCTC加工はアッサム茶の特色を活かす最良の方法です。私共ガネッシュがこの丸い粒のアッサムCTC茶を発売した当時、日本では全く馴染みが無く、中には「紅茶の香りがするフリーズドライコーヒー?!」と勘違いされた方までいらっしゃいました。今日『この丸い粒のCTC茶こそが我が家の味』と、毎日欠かさずアッサムフラワーティーでたてたミルクティーをお飲みいただいているお客様が全国に大勢いらっしゃることを大変うれしく思います。

CTCとはCrush(潰す)Tear(裂く)Curl(丸める)の略です。

 

このページの一番上に戻る

 

■紅茶のご注文

紅茶を注文するには下記の空欄を埋めて、「紅茶(新茶)を注文する」ボタンを押してください。
必須の内容は必ず入力していただくようお願いします。
送信後自動で入力していただきましたメールアドレス先に入力内容を送ります。
当店が確認次第、お届け・料金の流れと確認内容のメールを送らせていただきます。
ヤマト運輸の着払い手数料はこちらを確認して下さい

紅茶の注文フォーム
お名前必須 例)山田太一
郵便番号必須 例)1234567 ハイフンなしの半角数字を入力ください
ご住所必須
E-mail必須 例)sample@sample.com
電話番号必須 例)0422-37-1612
支払い方法必須 ヤマト運輸の着払い手数料はこちらを確認して下さい
郵便振替 ヤマト運輸の着払い
紅茶の種類
紅茶の種類
数量 グラム
新茶(ガネッシュ)の種類
新茶の種類
数量
ご意見・ご質問

 


発送状況の確認、商品についてのお問合せは、下記までお願い致します。
また、ご質問・ご意見、お問い合わせなどございましたらお気軽にご連絡ください

自家焙煎珈琲豆の専門店「andante」(お店の場所はこちら
TEL・FAX 0422−37−1612
e-mail info@coffee-andante.com

Copyright(C)2003. All rights reserved. Coffee Beans andante HP Since 2000